スポンサーリンク

「街コンで知り合った司会者美女に会うために温泉地突撃の俺のサプライズと美女のフェラのサプライズ」沙羅24歳(アナウンサー)

アナウンサー

※名前は仮名、記事は時系列ではなく、年齢・職業は当時のものです。

名前:沙羅

年齢:24歳

出会いのキッカケ:街コン

職業:アナウンサー

ルックス:竹内結子似

エッチ:good

※excellent、good、normal、bad、terribleの5段階評価です。

:

俺は、30年も彼女がいない友達のために、街コンに申し込み、俺も付き合うことになった。

俺の友達は、俺と違って、若い女の子よりも落ち着いた年が近い方が良いということで、参加したのは女性が30代、男性が40代の街コンだった。

当然のことだが、俺は全く興味がないので、30代の女性が仕事や収入などについて聞いてくるたび、結婚や財産を意識してることが明白で、ますます引いてしまっていた。

でも友達はそれなりに楽しく女性たちと会話していたので、それだけでも良かったと思って、誰とも話さなくても良い休憩所で休んでいた。

すると、そこに一人の女性がやってきて自動販売機でジュースを買った。

どう考えても20代前半にしか見えない感じだったので、俺は思わず「今日の参加者でいらっしゃいますか?」と聞くと、「いえ、司会です」と答えた。

そういえば、司会の女性は若い感じだったが、広いホールで離れていたので視力があまり良くない俺は顔を認識できていなかったのだ。

そんなことを考えていると、その女性は「私って、30代に見えますか? そんなに老けてますかね?」と聞いてきた。

そこで、俺たちは顔を見合わせて笑った。

「いやいや、だからどう考えても見えないから聞いたんじゃないですか!?」と俺が言えば、

「参加者ですか? と聞く時点で参加者に寄った発言です、ごまかさないでください(笑)」と言ってきた。

司会の進行の時にはあんなに真面目そうだったのに、実際はかなりノリの良い面白い女の子だった。

彼女は名前を「沙羅」と言った。

竹内結子を若くしたような美人だ。

神戸の出身で、こちらでは司会やレポーターなどの仕事していて、たまにはテレビにも出るらしい。

話が盛り上がりすぎて、次のゲームの時間になり、事務局の人が慌てて沙羅を呼び戻しにくるほどだった。

俺は連絡先を交換しなかったことを後悔して、その後もチャンスを窺ったが、沙羅はバタバタしている上にスタッフが常にそばにいて話しかける機会がなかった。

その日は、俺は何の成果もなく、帰る羽目になった(友達は2人と連絡先を交換したようだった)。

:

翌日、俺はふと思いついて、沙羅のことをネットで調べてみた。

沙羅のツイッターを見つけたので、沙羅をフォローし、メッセージを送った。

その日はレスがなかったが、翌日の昼間に沙羅からの返信のメッセージがあった。

沙羅は俺のことを覚えてくれていた。

俺は自分のことをフォローしてもらうように言うと、そのあとはダイレクトメッセージ(メッセージ内容は他人に見えない)でやり取りをした。

その日、沙羅は地方に出張に行っていて、週末にはついでに休みをもらって近くの温泉に行くと言っていたので、俺はその週末に沙羅に逢いにその温泉に行くことにした。

ただ、俺は沙羅にはそのことを言わずに、サプライズ(サプライズの目的だけではなく、行くと言ったら煙たがられるのも避けたかった)で温泉に着いた時に温泉の写真をメッセージで送った。

しばらく返事がこなかったので、俺は日帰り温泉に入って時間を潰そうと思い、近くの日帰り温泉施設に入った。

すると、なんと向こうから沙羅がやってきたのだ。

:

俺が声を掛けると、沙羅はまさか俺が来ているとは思わなかったからか、俺が誰だか分からなかったらしく、街コンの話を出してようやく思い出してくれた。

思い出した瞬間沙羅は笑い出して、なかなか笑い止まなかった。

俺が沙羅を追いかけて温泉へ来たことが相当おかしかったらしい。

俺が「俺は好きな女を口説くためなら何でもするぜ」と石原裕次郎っぽく言うと、沙羅は「似合わなーい」とまた爆笑し出した。

それから俺と沙羅は一緒に行動をした。

温泉街を観光をして、射的などのゲームもした。

沙羅は泊まる温泉旅館の浴衣を着ていて、とても色っぽかった。

俺は、自分の泊まる旅館を予約していなかったので、その話を沙羅にすると「寝るだけなら自分の部屋でいいよ」とあっさり言ってきた。

沙羅の和室に俺も泊まることとなり、一人分の料理を追加して、御膳をいただいた。

沙羅はお酒が強いらしく、ずっと日本酒を飲んでいた。

食べ終わって、俺たちは露天風呂に入りに行くことにした。

俺は、男性専用の露天風呂に独り浸りながら、考えた。

「こんなにあっさり同じ部屋に泊めてくれるということは、男女関係は無いと俺を信用してのことだろう。ここでそれを裏切ってしまっては男として失格だ」

沙羅の浴衣の内に潜む美しい躰を想像して今にも勃起しそうな息子に我慢しろ、と言い聞かせながら風呂を上がった。

俺が先に部屋に戻ったので、俺は布団に入って、電気を小さいのだけにして消した。

それから、30分ぐらい経っただろうか、俺は温泉で身体が温まったこともあり、半分夢の世界へと入り込んでしまっていた。

沙羅が「気持ち良かったー」と独り言を言いながら、洗面台で寝る前の準備をし出した。

俺は、目が覚めたが、無理にでも寝ないとと思って、目を瞑った。

:

30分ぐらいののち、沙羅はようやく部屋に入ってくると、小さい電気も消した。

俺は起きていたが、あえて寝てるフリをしていた。

すると、沙羅は俺の布団に入ってくると、耳元で「もう寝ちゃった?」と聞いてきた。

俺が「寝たよ」と言うと、「そうなんだ」と言って、一旦布団から出たと思うと、今度は足元から入ってきた。

俺が驚いていると、俺の浴衣の中から顔を入れてきたのだ。

「え? 何をしようとしている??」

突然のことに言葉も出ないでいると、沙羅は俺のパンツを脱がせ始めて、何と口で俺の息子を咥えてきた。

そして「お子ちゃまが元気になったら○○さんも目を覚ますでしょ?」と言ってきた。

沙羅の言うが早いか、俺の息子は急速に勃ち始めた。

俺は、上半身を起こすと、沙羅の浴衣を脱がした。

そして、沙羅の柔らかい豊満な乳房を揉みながら、パンティを剥ぎ取った。

沙羅はとても積極的でSっ気の強い女だったらしく、それからも俺は責められっぱなしだった。

エッチではSで知られる俺が、完全に後手のMのまま、沙羅にリードされつつ、フィニッシュを迎えた。

コメント