スポンサーリンク

「チンピラに絡まれた後に待っていたどさん子モデルとの情熱的なエッチ」瑞季25歳(モデル)

モデル

※名前は仮名、記事は時系列ではなく、年齢・職業は当時のものです。

名前:瑞季

年齢:25歳

出会いのキッカケ:紹介

職業:モデル(キャバ嬢)

ルックス:長谷川京子似

エッチ:normal

※excellent、good、normal、bad、terribleの5段階評価です。

:

夜、オフィスで仕事をしているとき、知人のお偉いさんから電話があった。

電話の先は騒々しくて、知人が女好きだったことから、きっと銀座で飲んでいるのだなということはすぐに分かった。

そして知人に「今から出てこれないか?」と言われた。

俺は、まだ仕事が終わっていなかったので答えを渋っていると「紹介したい人がいるんだ。頼むよ」と食い下がられたので仕方なく行くことにした。

タクシーで知人の行きつけの銀座のクラブに乗り付けると、「まーまー、まずは一杯飲めよ」と言って、ブランデーグラスを渡された。

知人は酔っ払っていたが、その傍らに小柄で可愛らしい女性が座っていた。

俺がそちらに視線を向けると、その女性も俺の方を見たので、目が合ってしまい、少しドキッとするぐらいの可愛さだった。

ブランデーを一杯飲み干した頃に、知人はようやく「そうそう、○○(俺の名前)は業界に詳しいから紹介したいと思って」と言って、その隣にいた女性を俺の隣に座らせた。

そして「地方から芸能界を目指して上京して新入りなんだけど、身寄りもないらしいから、少し面倒見てあげてよ」と言われた。

その知人が、その女性が俺の好みだと分かって呼んだのか、単なる親切心から呼んだのかは分からないが、俺にとっては迷惑半分、ラッキー半分だった。

その後、俺とその女性(瑞季)は、30分ほど話をした。
瑞季は、北海道で大学卒業後、一旦は一般企業に就職したが、芸能界への夢を諦めきれず、意を決して上京してきたとのことだった。

しかしながら、実際には芸能界の壁は厚く、貯金も使い果たして生活すらままならなくなったので、クラブで働き始めたのだ。

冷静に考えて、コネもなく、しかも年齢も25歳となると、グラビアぐらいしか道が無いのに、本人は露出する仕事は嫌だという。

仕方がないので、いくつかのモデル事務所を紹介する約束をして、その夜は店を後にした。

:

翌週、俺のビジネス上の取引のあるモデル事務所を2つほど紹介して、面接もしてもらった。

そのついでに1回はランチ、1回はディナーを一緒に食べた。

瑞季はたんかを切って上京した以上は、田舎にも帰れない、とかなり切羽詰まった感じだったので、もっと余裕と自信を持って臨まないと、相手にもそれが伝わるから良くないとアドバイスをした。

後日瑞季から連絡があり、紹介やアドバイスでお世話になったので夜ご飯をご馳走したい、という話だった。
ただ、都心の方のお店は分からないので、地元のお店でいいかと言われたので、俺は瑞季の最寄駅のお鍋のお店で瑞季にご馳走になった。

そのお店を出た時のことだった。
繁華街だったのだが、ひと通りが少ない通りを歩いていると、チンピラの3人組に絡まれてしまった。

俺がおじさんで、瑞季がいい女だったのが気に入らなかったらしく「いい年したおっちゃんが、こんな可愛い子を連れてると、タダで返すわけにはいかねーな」と一人が言うと、両側にいた2人が「やっちゃう?」と言っている。

瑞季は、俺の腕を掴んだまま硬直していた。

俺は、これまで修羅場を何度も経験しているので、こう言ったことにひるむ男ではないので、そのまま道を突き進もうとした。

ところが、瑞季が足がすくんで動けないらしかった。

チンピラは、ますます調子に乗って「ほら、彼女はおじさんと一緒に帰るより、俺たちと楽しいことしたいらしいよ」と言ってきた。

俺が、瑞季を何とか奮い立たせて、チンピラたちの間をすり抜けようとすると、チンピラの一人が瑞季を掴んで引き寄せた。

瑞季は「きゃーっ!」と叫び声をあげるとともに、そこに座り込んでしまった。

そこにもう一人のチンピラが寄って行き、「その脚、たまんねー」と言って、スカートを上げようとしたので、俺はその手を掴んで振りほどいた。

当然ながらチンピラは俺に殴りかかってきたのだが、俺は昔から喧嘩は強かったので、負ける気がせず、この瞬間もパンチを避けると、みぞおちに蹴りを入れた。

チンピラは「う・・・」と言いながらうずくまった。

俺は、大声で「俺を誰だと思ってるんだぁ? やるんか、コラ!」と畳み掛けると、3人は逃げていった。

少し時間が経つと、瑞季はようやく落ち着きを取り戻したので、部屋まで送っていくことにした。

:

途中、瑞季が「○○さんて、そっちの人なの?」と聞いてきたので、「ホラを吹いただけだよ。ああ言う奴らとまともに張り合うのはバカらしいからね」と言った。

部屋に送り届けたので帰ろうとすると、瑞季は俺の袖を掴んで「怖いから一人にしないでください」と言う。

説得を試みたが、結局俺は瑞季が寝るのを見届けて帰る、と言う合意にいたった。

ベッドの横に座っていると、瑞季が「寒いから布団の中に入って」と言うので、言われるがままに布団に入った。

それから、30分ぐらい瑞季は俺のことを褒め続けた。

「人脈がある」「交渉力がすごい」「人生経験が豊富」「機転が利く」「頼もしい」などなど。

俺が「そんなに褒めても何も出ないよ」と言うと、瑞季は「逆に、〇〇さんは欲しいものある?」と聞いてきた。

俺が、冗談で「瑞季」と即答すると、瑞季は「いいよ」と即答してきた。

5秒ぐらい沈黙が続き、その間、俺と瑞季は瞬きすらせずに目を合わせていた。

そのまま、俺たちは少しずつお互いの顔の距離を縮めて行き、くっつきそうなタイミングで、お互いに目を閉じてキスを交わした。

瑞季は「私、激しいのが好きなの」と耳元で囁いてきたので、俺はそれに応える形で、ちょっと乱暴に服を脱がせると、強くおっぱいを揉み、乳首に歯を立たせた。

そして、強引に股を開かせると、俺の肉棒を突っ込んだ。

瑞季は俺が行く前に2回逝った。

コメント