スポンサーリンク

「ミスコン入賞した元デブスちゃんの整形ダイエット前の写真の前に萎えてしまった件」久子25歳(OL)

女子大生

※名前は仮名、記事は時系列ではなく、年齢・職業は当時のものです。

名前:久子

年齢:25歳

出会いのキッカケ:合コン

職業:OL

ルックス:前田敦子似

エッチ:terrible

※excellent、good、normal、bad、terribleの5段階評価です。

:

前のブログで思い出したのだが、男同士でよく話題に登るのに「可愛くてスタイルが悪い女と、ブスでスタイルの良い女、ならどっちを取る?」というのがある。

読者は既にお分かりだろうが俺は前者派、でも男の多くは後者派だった。
理由は簡単で「暗くなれば顔は関係ない」というもの。

今日は、確かにそれは一理あるかも知れない、と思った経験についての話だ。

それは、ミスコン出身者との合コン、での出会いだった。

俺の知人で合コン好きな奴がいて、今回は「CA(キャビンアテンダント)」、次は「レースクイーン」、あるときは「看護師」など、毎回テーマを決めて合コンを開催していた。

そのときは「ミスコン出身者」4名と俺たち4名での飲み会だった。

俺は、当時彼女もいたので、あまり積極的ではなかったので、この時も誰とも連絡先の交換はしないつもりでいた。

ところが、無理矢理連れて行かれた2次会で、隣に座った久子がとにかく話好きな子で、ずーっと話しかけられていた。

そのあと彼女の家に行く予定にしていた俺は、早く帰りたかったのだが、タイミングを逸して結局最後まで付き合う羽目になった。

皆で別れる時、久子が連絡先交換を求めて来たので、仕方なく応じた。

久子は、確かに客観的に見れば綺麗な子であったが、俺はなんとなくしっくり来てなかった。

なんとなくだが、作り上げた美しさ、みたいなものを感じたからだった。

:

それから何度か久子から連絡をもらっていたが、俺は適当に予定があると言って会うのを断っていた。

ところが、3ヶ月後ぐらいに俺は彼女と別れてしまう。

寂しさから、久子に連絡をした。

久子は二つ返事で会ってくれた。

一緒にご飯へ行って、それからカラオケへ。

カラオケでは、手を繋ぎながらデュエット曲も歌った。

久子は、常に俺の太もものところに、手をおいていて、次第に俺はエッチな気分になって来た。

自然と俺たちは、ホテルに行くことになった。

でも、そこで俺は衝撃的な事実を知ることとなる。

:

部屋に入って、ソファでお酒を飲んでいると、久子が自分の身の上話を話し始めた。

小さい頃からデブでブスだったこと。
それがコンプレックスで登校拒否になっていたこと。

それを克服するため、高校のときに整形とダイエットに没頭し、いまの顔と身体を手に入れたこと。。

そして、久子は、わざわざ高校のときの写真を俺に見せてくれた。

確かに、同一人物とは思えない、いわゆるデブスちゃんだった。

エッチの前に、どうしてこの話をしたのかは分からない。

いずれにせよ、俺は、驚くと同時に、萎えてしまっていた。

ミスコンでも入賞して、今は、自信を取り戻して幸せだという久子は、洋服を脱ぎ始めた。

まさか、ここで断ることもできず、俺は一緒にベッドへ入った。

そして、キスから下の方に舌を這わせて行く・・・。

久子は大きな喘ぎ声をあげた。

久子のアソコの手前で、俺の舌に何かザラザラした感触を感じた。

よく見てみると、急にダイエットをしたために残った、妊娠線のようなものが大量に残っていた。

俺は、完全に萎えてしまい、久子に「ごめん、お酒の飲み過ぎで今日はできないかも」と言った。

久子は残念がって、幾度となく俺の息子をフェラで大きくしようとしてくれたら、無駄な努力に終わった。

帰り道、俺が神経質過ぎるのだろうかと、少し自己嫌悪に陥ったが、身体は正直なので仕方がない。

コメント