スポンサーリンク

「憧れのタレントのマネージャーと、誕生日サプライズで朝勃ちのままエッチ」里美25歳(タレントマネージャー)

タレントマネージャー

※名前は仮名、記事は時系列ではなく、年齢・職業は当時のものです。

名前:里美

年齢:25歳

出会いのキッカケ:ステージの楽屋

職業:マネージャー

ルックス:安田成美似

エッチ:normal

※excellent、good、normal、bad、terribleの5段階評価です。

:

俺は、昔から意外とミーハーで、芸能人とかに関心があった。

仕事の関係で、とある芸能事務所の人と知り合う機会があったのだが、そこ事務所は俺のファンの○○○の事務所だった。

俺がファンだというと、楽屋で合わせてくれるという話になり、俺はとあるステージの楽屋で〇〇が来るのを待っていた。

そこには、俺とその知り合った事務所の方、そして○○○のマネージャーの3名が待機していた。

マネージャーにしてみれば、どうして俺がそこにいるのか不思議だったろうが、そういうことは良くあることなのか、明るくにこやかに接してくれた。

俺は、いつ○〇〇が現れるかとソワソワしていたので、話なんてどうでも良かったのだが、そのマネージャーはヤケに話し仕掛けてくるのが、ちょっと面倒だった。

しばらくして〇〇○が控え室に現れたのだが、荷物を取りにきただけのようで一瞬にして戻って行ってしまった。

俺は、〇〇○と話をすることも、サインをもらうことも、一緒に写真を撮ることもできなかった。

今度はいつ戻って来るか分からないということで、俺たちは帰ることになった。

俺が肩を落としながら、その場を去ろうとすると、マネージャーが名刺を渡してきた。
マネージャーは名前を里美と言った。
そして、その名刺の裏には、手書きで携帯番号も記載されていた。

:

翌日の夜、俺は里美の名刺を手に取り、電話を掛けようと思った。

ところが、よく考えたら、何を話していいか分からない。
「先日はありがとうございました」以外の会話が思い浮かばないのだ。

俺は思い止まった。

ところが、テレビで○〇〇を観るたびに、もう一度会ってみたいという気持ちが強くなっていった。

〇〇○の楽屋に行ってから、約一ヶ月後ぐらいに、俺は勇気を振り絞って里美に電話をかけた。

「あの、一ヶ月ほど前に、○○さん(事務所の知人)と一緒に楽屋でお会いした○○(俺の名前)です。あの時は大変お世話になりました」

里美は、すぐに思い出してくれたようで「こちらこそ。あの時はすいませんでした」と返してきた。

さて、ここからである。

俺は、別に予行練習をしていたわけではないが、里美の対応が柔らかかったので、こう続けた。

「里美さんと繋がっているだけでも、○○○さんを身近に感じれるので、ご迷惑じゃなかったらお友達になっていただけないでしょうか?」

里美は、「ぜひぜひ。 明日たまたま時間があるのですが、よかったらお会いしませんか?」と答えてきた。

:

翌日、俺と里美は二人で飲みに行くことになった。

そこでは、〇〇○の日常や嗜好などについての話を聞いた。
また、そこから話が発展して、同じ事務所の他のタレントの情報についても教えてくれた。
とても興味深いものばかりで、気がつくと同じ店に4時間近くもいた。
ちょうどそのぐらいのタイミングで、里美は事務所から呼び出しがかかり、店を出た。

翌日、里美から連絡があり「こないだは、きちんとお礼も言わずに帰っちゃったので、埋め合わせをしたい」とのことだった。

そして、1週間後ぐらいに俺は里美と再会した。

こんな感じで、大体2週間に一度ぐらいの割合で、俺と里美は会うようになった。

会う回数が増えるにつれて、○〇〇の話題は少なくなり、お互いについての話をするようになった。

里美は、決してタレントほどの美貌ではなかったものの、いつも笑顔で愛嬌がある上に、とても面倒見が良く、気が利く子だったので、俺は里美と一緒に居て心地よかった。

:

ほどなくして訪れた俺の誕生日の朝、イキナリ玄関のドアホンが鳴った。

俺はその日は土曜日の上に何も予定を入れていなかったので、前の晩に夜中まで映画を見ていたので、まだベッドの上だった。

宅急便だと思って、寝間着のまま玄関に出ると、そこには里美が居た。

しかも、両手にはケーキらしきものと、スーパーで買った材料のようなものを持って居た。

驚いて呆気に取られている俺を尻目に、里美は勝手に「お邪魔しまーす」と言って部屋に上がった。

俺が「どうしたの?」と聞くと、「今年の誕生日は一人だなって言ってたでしょ?」と里美は答えた。

「女の子と裸で寝てたらどうしようかと思った」と冗談とも言えないことも言った。

「そうだったら良かったんだけどね」と俺が言うと、すかさず里美は「じゃあ、今からそうしてみる?」と言い出した。

俺は一瞬ドキッとした。

なぜかと言うと、朝勃ちがまだ収まっていなかったのである。

里美は、俺のベッドに上がると、洋服を脱ぎ始めた。

そして「早く、脱いで!」と俺は催促された。

頭がまだボーッとしている状態だったが、身体は頭とは同じ動きをしてくれない。

寝間着のスウェットを脱ぐと、俺の息子は大きく盛り上がっていた。

パンツも脱いで二人とも全裸になり、ベッドに横になった。

「普通は、昨夜からの流れでこういうシチュエーションだよね?」と里美は楽しそうに笑った。

「この状況でよく笑えるね」と俺は答えた。

「でも、早かれ遅かれ、こうなることは予想していたでしょ?」と里美は言いながら、俺の息子を握ってきた。

「ほら、正直な子がここにいるよ」

里美は、すでに大きな俺のアソコを手で優しく握ると上下に動かし始めた。

俺は、たまらなくなり、前戯もなく、里美の上に乗っかり、一気に突っ込んだ。

里美のアソコはまだ濡れていなかったからか、最近ご無沙汰だったからかは分からないが、少し痛がった。

でも、俺はそれを無視するかのように、動物のように本能に身を任せて腰を振りまくった。

コメント