スポンサーリンク

「No.1キャバ嬢を落とす賭けで負け寸前で奇跡の大逆転」優23歳(キャバ嬢(キャバクラキャスト))

キャバ嬢

※名前は仮名、記事は時系列ではなく、年齢・職業は当時のものです。

名前:優

年齢:23歳

出会いのキッカケ:キャバクラ

職業:キャバ嬢(キャバクラキャスト)

ルックス:蛯原友里似

エッチ:normal

※excellent、good、normal、bad、terribleの5段階評価です。

:

男友達同士で飲みながら女の話題になったとき、友人の一人が「最近のキャバクラコンテストで優勝した子が激カワ」という話を持ち出した。

「激カワ」と言う単語に俺は即座に反応した。

その場ですぐにネット検索をすると、そのコンテストの記事を見つけ、写真をクリックした。

すると、そこにはまさに超絶美少女と言える、優の姿があった。

俺は「これは、ヤバいな・・・」と呟くと、その直後には「コイツ、絶対落としてやる」と口にしていた。

友達たちは、からかって相手にしてくれなかった。

そこで、俺は友達たちと賭けをすることにした。

ルールはこうだ。

「期間は1ヶ月、予算は5万円。相手の合意なしのHは無効」

:

俺は、早速翌日の9月1日の夜、優のいるお店へと足を運んだ。

友人の一人も、生で一度見てみたいということでついてきた。

お店に入って優を指名して30分経っても優は顔を見せない。

初めての客であることと、人気キャストであることも関係しているのだろう。

興味のない女性と退屈そうに話していると、40分後ぐらいにようやく優がテーブルについた。

ピンクのドレスに身を纏った優は、写真通りだった。

スタイルも良いが、全体的柔らかい雰囲気が出ていて、蛯原友里の若い頃に似た感じだった。

最初に俺の友達が指名したと勘違いをして、お礼を言いながら友達の隣に座ろうとしたので、俺は「指名したの俺なんだけど」と言って、俺の隣に座ってもらった。
初めて会うので仕方がないことだ。

ところが、優は5分もしないうちに、声がかかり、テーブルを離れてしまった。

いくらNo.1とは言え、初めての指名客に5分とは・・・と驚いた。

そこで、もっとショックなことに気がついた。

そう、連絡先の交換をしてなかったのだ。

友達が、持ち合わせが無いと言うのと、俺もルール上5万円がリミットということもあり、その日は1セットで店を後にした。

帰り道、友達が「自分、この賭け、絶対負けるで」と言ってきた。

俺は、少し自信が無くなっていた。

:

2日後に、俺は優のお店を再訪した。

今回は、10分ほどで優が席についてくれた。

そこで、俺はとりあえず連絡先を交換することに成功した。

とは言っても、ここまでで既に約3万円を使ってしまっていた。

しかも、これまで優と話ができたのは、2回合わせても15分ほどだった。

もう1回お店に行ったら、残金では何もできないことはわかっていたので、もうお店には行けない計算だ。

俺は思い切って、店外デートに誘った。

結果は、虚しく撃沈。

打ち手は無くなった。

:

でも、そこで諦めるような俺では無い。

毎日薔薇一本プレゼント大作戦を考えた。

薔薇一本(400円)を毎日一本プレゼントしたら25日で10,000円である。

俺は翌日から、お店のある繁華街の花屋でピンクの薔薇を購入して、優の出勤時にお店の前で渡すことにした。

ところが、これが難易度が高かった。

優の出勤時間に幅があったのだ。

それでも、俺は出勤時間に合わせ、優に薔薇を渡し始めた。

優は初日は笑顔で受け取ったが、それは当然ながらそのまま店に客として来てくれるという想定があったからだ。

翌日からは、とにかく不思議がられた。
というか、側から見たらストーカーチックな行動だから、当然ではある。

恥ずかしいとかは我慢できたが、問題は同伴の日だ。

出勤時間が遅れる上に、男性のお客さんと一緒にお店に来る。

その中で薔薇を渡すのは、かなり大変だった。

更に、そこに追い打ちをかける事態が起こる。

:

10日ほど経った頃、俺はお店のスタッフにお店の前に立つことを禁止された。

当然と言えば当然だが、一応公道だったので、それまで何も言われなかったのだが、優が面と向かっては言えないが迷惑だったらしく、スタッフに俺を追い払うように話していたのだ。

俺は、半ば諦めかけたが、ここまでの恥さらしみたいなことをした苦労が水の泡になるのが納得できず、今度は退勤時に駅で渡すことにした。

2回目にお店に行った時に、優はアフターはしない主義で、最終では必ず帰ると言っていたのを思い出したのだ。

この予想は当たり、そこから2週間ほどの間、薔薇を優に渡すことができた。

この頃には、優も呆れ果てて、仕方なく電車が来るまでの数分間話に応じてくれるようになっていた。

:

そして、賭けの最終日である9月30日がやって来た。

実は、この時には、俺は賭けのことは重要じゃなくなっていて、毎日優と顔を合わせるのが楽しみだったし、期日にこだわって失敗するより、タイミングを図って実を取る方が大事だと思うようになっていた。

ところが、この日、最終電車の前に優は現れなかった。

俺は肩を落として家路へ向かうためタクシー乗り場へ向かったその時、優がこちらに向かって来るのが見えた。

優は、俺が視界に入ると「○○さん、まだいたの?」と小走りに走って来た。

最終に間に合わせるように走ったのか、髪が乱れていた。

すると、優は突然、変な質問を投げかけて来た「どうして、毎日こんなことするの?」

俺は、乱れ髪の優がいつもより色っぽく見えたことも後押しして

「優ちゃんを抱きたいから」

と口走っていた。

どうして、突如としてこんな過激な発言が出て来たのか不明だが、今思えばもう会えないと思っていたところに、優が現れたのが運命だと思ったのもあるかも知れない。

すると、優は「じゃあ、今から付き合って」と言って、俺の手を取るとホテル街に歩き出した。

:

俺は何が起こったのか分からずに戸惑いながらも、優の後をついて言った。

そして、駅に一番近いラブホテルに入った。

部屋に入ると、優は涙目で話し始めた。

聞くと、今日は9月の最終日ということで、売上のランキングが発表されたのだが、そこで初めて優がトップの座から外れたていたのだという。

どうしてもトップを取りたかった優は、常連客の一人に売上への協力をお願いしたところ、その交換条件として枕営業を提案されたらしい。

これまで優は一度も客と寝たことが無かったが、トップから落ちるという雪辱に比べたらと思い、その客が高級な酒を入れてくれた後二人で外出して、ホテルでエッチをしたとのこと。

ところが、その客が異常な舐め好きで、耳、目、鼻、脇の下、足の指、アナルに到るまで執拗に舐めまわされた挙句、異常な汗っかきでエッチが終わった後にはベトベトだったらしい。

なんとか最終電車を理由に部屋を出て来たものの、慌ててシャワーを浴びたので、まだその客の唾液が残っているようで気持ち悪いと言っていた。

俺は、ひと通り話しを聞いて、経緯は分かったが、一緒にホテルに入ったのは、シャワーを浴びるためなのだと認識した。

そして、優がシャワーを浴びてバスローブで出て来たときも、まだ服を着ていつでもホテルを出れるような状態だった。

その俺の姿を見ると、優は驚いて「どうしたの?」と聞いてきた。

俺が「シャワーを浴びたいけど、一人じゃラブホに入りにくいから俺を誘ったんだよね?」と言うと、優はこれまで見たことのない、顔をくしゃくしゃにして大笑いし、「○○(俺のこと)さんて、本当に変わってるよね!」と言ってきた。

そして

「私を抱きたいってさっき言ったのは嘘なの?」

と言うと、俺が答えるより前に、続けて

「私はさっきのキモい悪い記憶を塗り替えたいの」

と言った。

俺はやっと、事態を飲み込めた。

俺は、優のバスローブの紐をほどくと、ゆっくり開いた。

すると、優のキレイな形をした乳房が露わになった。

俺は、その乳房にしゃぶり付き、少し激しすぎるぐらいに愛撫をした。

よほど客に舐められたのが嫌だったのか、バスソルトの味を残したままだった。

そして、そのまま優を押し倒すと、そのまま

終わったあと、優が何気に言ったひと言が、今も頭に残っている。

「常連客はさっき200万円以上の会計をしてやっと私と出来たのに、○○さんはタダだったね」

まさに、粘り強さとタイミングの勝利である。

ちなみに、当然友達との賭けにも勝った俺は、優を落としたことで無料よりむしろプラスになったことは言うまでも無い。

それにしても、キャバクラの看板娘というのは我々が知らない苦労があるのだ。

コメント