スポンサーリンク

「レイプ経験で男性不信の女弁護士を5回に渡る挑戦でついに性交」倫子26歳(弁護士(研修生))

弁護士

※名前は仮名、記事は時系列ではなく、年齢・職業は当時のものです。

名前:倫子

年齢:26歳

出会いのキッカケ:顧問

職業:弁護士(研修生)

ルックス:竹内結子似

エッチ:normal

※excellent、good、normal、bad、terribleの5段階評価です。

:

会社で法的紛争に巻き込まれたときがあった。
その法律顧問会社の新人だったのが倫子だった。

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Hiragino Sans’}

その法律顧問会社に研修生としていたのが倫子だった。

紺のスーツの上下に厚手のレンズの眼鏡をかけて、いかにもインテリな雰囲気の女性だった。
俺が、重苦しい打ち合わせの雰囲気を少しでも和らげようと意図的に冗談を言っても、倫子は表情一つ変えなかった。

2回目に会ったときは、倫子の上司とともに4人で会食をしたのだが、その時でもほとんど俺とは目を合わせてくれず、人見知りをする女性なのだと言う印象を強く持った。

でも、こういうタイプの女性は珍しいので、逆に俺は関心を持った。

プライベートの情報がわからないと攻めようがないので、俺は倫子に趣味を聞いた。
すると凛子は警戒心を持ったのか「特に趣味と言えるものはありません」素っ気なく答えた。

それで会話が終わってしまいそうになったので、俺は続けて「そうなんですね。ではお好きなものはなんですか?」と聞いた。

倫子はきちんと答えないといけないと思ったのか、しばらく考えて「パッと思いつくのは犬ですね」と言った。

そのヒントに俺は閃いた。
Facebookで知り合いが、シーズーの赤ちゃんをもらってくれる人を探しているのを思い出し、オファーをした。

そう、そのシーズーを倫子にプレゼントしようと思ったのだ。
シーズーの赤ちゃんはとても可愛かったので、俺自身が飼いたいと思ったぐらいだったのだが、俺は独り暮らしなので面倒が見れないと断念していたものだった。

もちろん、倫子がもらってくれないというリスクはあった。
そのときは自分で飼う覚悟を決めた。

:

次回の打ち合わせのとき、倫子の上司に電話が入り、会議室の外へ出たタイミングに、俺は倫子に「犬を飼う気はありませんか?」と聞いてみた。
あまりに唐突な質問に、倫子が訝しげに俺の顔を覗き込んできたので、即座に俺はその子犬の写真を見せた。

百聞は一見にしかず、倫子の表情が一瞬で明るくなって「かわいい!」そして「飼いたいです!」と言った。

そこで、俺は自分のプライベートの連絡先を倫子に渡した。

:

このことがきっかけで俺たちはたまに会うようになった。
俺は子犬に会いたいこともあったので、週末に一緒に公園で散歩とかもした。

倫子は次第に笑顔を見せるようになった。
俺は倫子を笑わせることが喜びになるようになっていた。

次第に、お互いに異性として意識するようになった頃、夕暮れの公園で俺は倫子にキスをしようとすると、ふっと顔を逸らされてしまった。

俺は、タイミングが悪かったのかと思う程度だったが、その後も同じようなことが何度か続いた。

倫子は俺に申し訳ないと思ったのか、ある日、自分のトラウマのことを話してくれた。

それは、こういうことだった。

・女子高生のときに、帰宅途中にレイプされ、それ以降男性恐怖症になっていること。
・男性に近寄られないように、意図的に化粧をせず、眼鏡をかけてスカートは履かないようにしていること。
・男性とそういう雰囲気になると、その時のことがフラッシュバックされ、身体が自動的に反応してしまうこと。
・自分のような弱い女性を守るために弁護士を志したこと

俺は、焦らずに、倫子のトラウマを解消してあげようと思った。

デートを重ねるに従って、倫子は徐々に素の倫子を出すようになった。

実際は、女の子で、お洒落も好きだし、可愛らしいものも好きなことが分かった。

:

そして、俺がフェミニンな感じでコーディネートしてあげた倫子の誕生日の日に、ミニのフレアスカートを履いて眼鏡を外した倫子はあまりに可愛くて、俺は倫子をホテルに誘った。

倫子がOKをしてくれたので、俺たちは部屋に入りキスをして、倫子をベッドに押し倒して洋服を脱がそうとした。

ところが、倫子の震えた手が俺の手の行く先を拒んだ。

「ごめんなさい。。。やっぱりダメ」

俺は、それ以上手は出さなかった。

でも、倫子はいつしかこれを克服しないといけないということは自覚していたようで、倫子の両親が不在の時に家に遊びに行ったときにも泊まっていってと言われた。

しかしながら、その夜も倫子の身体は拒絶した。

:

そんなことが数回続いた後の、4回目、今度はお互い裸になるまで進展したのだが、倫子のアソコがなかなか濡れず、俺のアレが入らずにてこづっているうちに俺の息子が萎縮してしまい、失敗した。

ここまでてこずることは初めてだったので、次第に俺自身が自信を失いかけていた。

ある日、倫子の方からホテルに行こうと誘ってきた。

俺は、自分が勃たない可能性があると思ったので、乗り気ではなかったが、倫子に恥はかかせられないと思い、しぶしぶ部屋に入った。

:

すると、なんと倫子がフ○ラをすると言ってきたのだ。

きっと、相当な覚悟を決めてこの時を迎えていることは容易に想像ができた。

俺は、言葉に甘えて身体を預けた。

倫子の初フ○ラは決して上手ではなかったが、丁寧にゆっくりと舐め回してくれたため、最初はプレッシャーを感じていた俺も次第に気持ち良さの方が上回っていった。

そして、フ○ラが終わったと思うと、倫子はカバンから何かを取り出し、自分のアソコへと塗った。

ローションだ。

そして、コンドームをつけると、俺の上に乗る形で入れてきた。

思ったよりも、すっと俺のモノは倫子の中へと入っていった。

こうなれば、もうあとは俺の番である。

俺は、正面座位の形で倫子を上下に動かすと、今度は倫子を後ろ向きにして、バックから突き刺した。

倫子はほぼ処女(正確には2回目)にもかかわらず、一切痛がらずに、身体をヨガリ始めた。

そして、最後は正常位でキスをしながら果てた。

こうして、倫子のレイプによるトラウマは、エッチ5回目のチャンレンジでようやく克服された。

あとで聞いた話だが、ネットなどで動画を研究して、一人エッチをしながら準備していのだという。

俺は、流石に司法試験に受かる女性は、勉強熱心だなと感心した。

コメント